講座のお知らせ」カテゴリーアーカイブ

【中止】令和3年度第3回市民ボランティア講座を開催します!

日 時:令和4年1月22日(土)14:00~16:00

会 場:弘前大学人文社会科学部4階 多目的ホール

対 象:市民,学生,教職員など

定 員:40名(定員になり次第締切)

参加料:無料

ボランティアセンターでは,令和4年1月22日(土)に弘前大学人文社会科学部4階 多目的ホールにて標記講座を開催します。

近年家庭における虐待や,学校等におけるいじめが社会問題になっている中で,市内の子ども居場所づくりや子ども食堂に携わるなど,子どもの支援に関わるスタッフや,保護者,地域住民と共に「子どもの権利」について学ぶことにより,「子どもの権利条例」の意義を考えます。

受講料無料ですので,皆さまのご参加をお待ちしております。

▽申込方法  中止となりました

   

<募集終了>令和3年度第2回市民ボランティア講座を開催します!

令和3年11月27日(土)に,第2回市民ボランティア講座 「誰一人取り残さない安心避難所」運営訓練(SDGs貢献プロジェクト避難所運営体験モデル事業㏌弘前大学)を開催します。

日 時:令和3年11月27日(土)10:00~12:40
会 場:弘前大学 大学会館3階 大集会室/Zoom配信                対 象:学生・市民・中学生                       

 近年,気候変動による災害リスクが世界的に高まっており,弘前市も例外ではありません。これまでの災害の教訓から,避難所運営に関して様々に配慮するべきことがわかってきています。また,新型コロナウイルス感染症の拡大に伴い,コロナ禍における避難所の運営に関しても変化を余儀なくされています。そこで,避難者の受入体験を通して,このようなコロナ禍における避難や要配慮者の支援の仕方について,「誰一人取り残さない」地域防災を学びます。

 本講座は参加費無料となっておりますので,皆様のご参加をぜひお待ちしております。

<申込先> 一般社団法人男女共同参画地域みらいねっと                        (メールかFAXでお申し込みください。)

<FAX>                                 FAXの場合は,チラシを印刷の上,必要事項を記入し下記へお送りください。 

 【送信先】 017-742-1329

<メール>                                     メールタイトル「避難所運営訓練in弘前大学」                              メール本文に、「所属」「お名前」「電話番号」「ご住所」「参加方法(会場or Zoom)」をご記載の上、地域みらいねっと宛て送信してください。Zoom参加希望の方はメールアドレスの記入もお願いします。

 【送信先】 g.mirainet@gmail.com

令和3年度第1回市民ボランティア講座『子どもの居場所づくり実践研修会』を開催

日時:令和3年9月26日(日)14:00~17:00
場所:オンライン(ZOOM)

 弘前大学地域創生本部ボランティアセンターでは、一般社団法人みらいねっと弘前と共催で、令和3年9月26日(日)に、今年度1回目となる市民ボランティア講座「広げよう!子どもの居場所!子どもの居場所づくり実践研修会」をオンラインで開催しました。

 本研修会は、子どもの居場所づくりをこれから始める方々や、その活動を地域に定着させ広げていくことを目的に8回開催し、「子どもたちを支えたい」という想いをどのように形にして設立・運営していけるか、こども食堂、学習支援、多世代交流活動などについての実践的な内容を学んでいきます。

 第1回目となる本講座では、2部構成により、子どもが自分らしく過ごせる子どもの居場所づくりにかかわる人々と、よりよい子どもの居場所をどのように作り上げていくかを語り合うことを目的として開催され、子ども食堂の運営者や大学生など54名の参加がありました。オンラインの参加者から講師やシンポジストに対して、事業モデルなど様々な観点から活発に質問があり、参加者が一体となって子どもの居場所づくりについて考える機会となりました。

 前半の基調講演では、「地域における子どもの居場所づくりの重要性」をテーマに、認定NPO法人全国こども食堂支援センター・むすびえ 理事長 湯浅 誠 氏による講演が行われ、全国でも子どもの居場所づくりに興味を持っている方が増えてきている現状や、他県の事例を紹介しながら、行政サービスとは違う視点での自由な発想による居場所づくりは、子どもが少なくなってきているからこそ多世代交流の場、地域づくりの活動の場として大事であること、また、貧困家庭やひとり親家庭の子どもに限らず、多くの子どもに参加してもらうことが大切であり、子ども食堂のような開かれた場所がたくさんあることで、支援を必要としているが表面上では気づかれない支援を必要とする子どもや家庭に気づくことができる拠点(気づきの拠点)ともなり得るということが述べられました。

 後半は同じテーマでのシンポジウムが行われ、湯浅氏と一般社団法人みらいねっと弘前 代表理事の鹿内 葵 氏をシンポジストに、先ほどの湯浅氏の講演について、子ども食堂=貧困対象の拠点とのイメージが強いことへの改善策や、地域、学校との連携に関する具体的な質問が挙がるなど、シンポジスト・参加者双方でよりよい子どもの居場所をつくるために必要なことを真剣に考える時間となりました。

 本センターでは今後も地域課題解決に資する様々な取組を行っていく予定です。

令和3年度第1回市民ボランティア講座を開催します!

日 時:令和3年9月26日(日)14:00~17:00
対 象:子ども食堂をこれから始める方、実践者、関心のある方                  定 員:20名(先着順)
オンライン開催(ZOOM)
受講料無料

 令和3年9月26日(日)に,オンライン(ZOOM使用)による標記研修会を開催します。

 現在,地域に子どもの居場所づくり活動が広がっており,地域の人たちとの出会いによって,子どもたちが自分らしく過ごせる「子どもの居場所」が今の時代とても必要となっています。

 本研修会は,一般社団法人みらいねっと弘前が,子ども居場所をこれから始める方々や,活動を地域に定着させ広げていくことを目的に開催し,「子どもたちを支えたい」という想いをどのように形にして設立・運営していけるか,こども食堂、学習支援、多世代交流活動などの実践的な内容を学んでいきます。

 第1回目は,「地域における子どもの居場所づくりの重要性」について,全国こども食堂支援センター・むすびえ理事長 湯浅 誠 氏 を講師として研修を実施します。

受講料無料ですので,皆さまのご参加をお待ちしております。

▽講座内容 

  •  基礎講座1(14:00~17:00)
  •  テーマ「地域における子どもの居場所づくりの重要性」
  •  講師:全国こども食堂支援センター・むすびえ理事長 湯浅 誠 氏 

▽申込先/お問い合わせ
  一般社団法人みらいねっと弘前 (担当 成田)
  TEL:0172-55-6790/メール:mirainethirosaki@yahoo.co.jp 
 

 

【3月10日】「東日本大震災から復興を考える~チーム北リアスの10年~」《弘前大学リレーシンポジウム第3回》を開催

弘前大学地域創生本部ボランティアセンターと人文社会科学部地域未来創生センター共催で,令和3年3月10日(水)にヒロロ4階 弘前市民文化交流館ホールにて標記事業を開催します。

本事業は,東日本大震災から10年を迎える今,震災の発生から今日までの10年間を振り返り,震災の教訓を共有することで,復興支援について理解を深めるとともに,地域創生本部ボランティアセンターが令和2年度に実施した活動を皆さまとともに振り返り,新しい年度に向けて事業の見直しを行うべく実施するものです。参加費無料・申込不要ですので,是非とも皆さまのご参加をお待ちしております。

◇日  時  令和3年3月10日(水)18:00~20:30
◇場  所  ヒロロ4階 弘前市民文化交流館ホール
※ZOOMミーティングを用いたオンライン上で同時開催
◇申 込 等   申込不要,参加費無料
【ZOOMミーティングID:677 563 6879 パスワード:32683198】       ※会場定員に達した場合はオンライン視聴をお願いする場合がございます
◇会場定員  75名
◇主  催  弘前大学地域創生本部ボランティアセンター,
       人文社会科学部地域未来創生センター
◇共  催  弘前市
◇後  援  野田村,野田村社会福祉協議会,弘前市社会福祉協議会,
       チーム北リアス株式会社東奥日報社,株式会社陸奥新報社
◇プログラム
17:30 開   場
18:00 開会挨拶
    弘前大学長 福田 眞作,弘前市長 櫻田 宏 氏,野田村長 小田 祐士 氏
18:10 講   演
   1.「チーム北リアスの10年」
      日本災害救援ボランティアネットワーク常務理事 寺本 弘伸 氏
   2.「チーム・オール弘前」
      弘前大学人文社会科学部教授・地域未来創生センター長・
      地域創生本部ボランティアセンター長 李 永俊
   3.「学生たちの地域振興ワークショップの意味」
      八戸工業高等専門学校総合科学教育科 教授 河村 信治 氏
   4.「住民とボランティアが協働する地域見守り活動」
      京都大学人間・環境学研究科 教授 永田 素彦 氏
   5.「記憶を復興する」
      大阪大学人間科学研究科 助教 宮前 良平 氏
   6.「復興に向けた新たな活動に伴走する」
      大阪大学人間科学研究科 教授 渥美 公秀 氏
   7.「野田村の10年」
      久慈市観光物産協会専務理事・
      チーム北リアス現地事務所長 貫牛 利一 氏
19:15 パネルディスカッション
   パネリスト:上記講師と同様
   モデレーター:弘前大学人文社会科学部教授・地域未来創生センター長
          地域創生本部ボランティアセンター長 李 永俊
20:00 ボランティアセンター活動報告・意見交換会
       報告者:ボランティアセンター学生事務局元代表 武藤 春香
           ボランティアセンター長 李 永俊
20:25 閉会挨拶
       弘前大学人文社会科学部長 飯島 裕胤

▽お問合せ 弘前大学人文社会科学部地域未来創生センター
       TEL 0172-3198
       Mail irrc@hirosaki-u.ac.jp
       HP  http://human.cc.hirosaki-u.ac.jp/irrc/