学習支援事業

弘前大学ボランティアセンターでは,本学学生ボランティアの皆さんの協力のもと,様々な学習支援活動を展開しています。これらの活動は,学生ボランティアの皆さんの力なしには決して成り立ちません。ご興味のある方は,ボランティアセンターまでご連絡ください。

参加希望の方は,ボランティア活動マニュアルを良く読み,センター登録及び活動へのエントリー手続きをお願いいたします。

◆学習支援室“あっぷる~む”

地域を取り巻く子どもの貧困問題の一つである“貧困の連鎖”を断ち切るため,弘前市,弘前市社会福祉協議会と連携し,市内の生活困窮世帯の中学生を対象に学習支援活動を行っています。毎週水曜日16:45~18:30まで活動しており,子供たちが持ち寄った課題やわからない問題を,大学生が優しく指導しています。学習習慣の定着や学力の向上に加え,子どもたちの“居場所づくり”としても大きな意義のある活動です。
令和2年度においては,感染拡大防止策を講じた上で実施しております。

(学生のみなさんへ)
あっぷる~むでは,一人でも多くの学生ボランティアの皆さんの協力を必要としています。また,オンライン上でのリモート学習支援を行うことも可能ですので,お問合せください。
「教育に携わる仕事につきたい」「社会福祉士に興味がある」「子供の貧困問題に関心がある」「子供のためのボランティア活動がしたい」などの思いを持った学生さんにオススメの活動です!是非ご参加ください!

◆県立子ども自立センター“みらい”での学習支援
※令和2年度は中止

県立の児童自立支援施設の入所児童を対象として,子供の学習習慣の確立や学力向上とともに,「解かる」ことによる自己肯定感の醸成や学習意欲の向上を目的に,学習支援活動を行っています。

日時:
毎週土曜日 13:00~15:00(前後5分程度で設営・撤収)
(単日参加可能)
場所:青森県立子ども自立センター“みらい”(青森市)
内容:入所児童への学習支援
備考:弘前駅からの交通費支給,児童対応のオリエンテーションあり

(学生のみなさんへ)
みらいでの学習支援ボランティアを募集しています!!
みらいでは,勉強だけでなく,休憩時間にはいろんな話をしてコミュニケーションをとっています。みらいの入所児童は,いろいろな事情があった子ども自立センターに入所していますが,週1回,大学生のお兄さんお姉さんたちに勉強を教えてもらい,お話を聞いてもらえるのを楽しみにしています。

男女別室で活動しており,男性ボランティアは男子児童に,女性ボランティアは女子児童に勉強を教えるため,どちらかのボランティアが0人の場合は,活動が中止になってしまいます。

単日参加も可能なので,興味がある方はまずセンターへご連絡いただければと思います。皆さんのご協力をお願いいたします。
(※令和2年度は活動中止)

※「みらい」ボランティア募集ページはこちら

当該活動では,弘前大学公認サークルTeens&Lawの多大な協力を得て活動しております。teens&law twitterはこちらから。

◆ZOOMおんらinでのリモート学習支援

令和2年度からはZOOMビデオ会議システムを用いて,子ども食堂や地域の学習支援活動対象児童を対象にリモートで学習支援を行う『ZOOMおんらin』を実施しています。こちらはZOOMにより各家庭や子ども食堂などと学生ボランティアの皆さんを繋ぎ,子ども達へ学習支援を行うものです。

日時:毎週水曜日 16:30~19:00
第1・第3土曜日 13:15~14:15
第2・第4土曜日 10:00~12:00
場所:ZOOMを用いたビデオ会議

こちらの活動も単日から参加可能で,途中参加途中退室も可能です。学生の皆さんへ通信環境や通信容量の負担をかけないために,ポケットWi-Fiをレンタル支給していますので,お気軽にボランティアセンターまでお問合せください。詳細についてはこちら

◆各種子ども食堂や学習支援教室での学習支援ボランティア

◆スマイルサン子ども食堂 学習支援ボランティア
日時:第2・第4木曜日 16:30~18:30
(16:00弘大正門前から送迎付き)
場所:スマイルサン子ども園
備考:活動に参加される方は事前にフェイスシールドの受取をお願いします。

本センターでは,地域からのボランティア派遣要請,募集協力要請への対応も行っており,地域で実施されている子ども食堂や学習支援教室から要請のあった活動へ,学生ボランティアを派遣しています。
※令和2年度はオンライン上での活動のみを受け付けています。

センターへのボランティア派遣協力または募集協力の要請を行う場合は,こちらのページを良くお読みいただき,必要なお手続きを行ってくださいますようお願いします。