活動報告書」カテゴリーアーカイブ

弘前大学地域創生本部ボランティアセンターがニュースレターvol.11を発刊

 ボランティアセンターでは,年2回活動をまとめたニュースレターを発刊しています。令和2年度後期活動をまとめたニュースレターvol.11が発刊されました。本号にはオンライン学習支援や除雪ボランティア,市民ボランティア講座などの記事が掲載されています。是非ご一読ください。

【募集終了】リコーダー・木材用彫刻刀などの寄附を募集しています!!

ケニアから本学への留学生であり本国では美術教員のジェームス氏と,パナマからの留学生であり本国では音楽教員のミゲル氏の母校では児童にリコーダーや木材用彫刻刀などの教材が十分に支給されていない現状があります。そのために、本国の学校では音楽や美術の授業を受けたくても受けられない児童が多くいます。日本では小中学校卒業後にはこれらの教材を廃棄することが多いため,両氏が3月に帰国するにあたって、母国の学校で日本の廃棄教材を活用いただきたいと考えています。
そこで,皆様にリコーダーや木材用彫刻刀のご寄附をお願いしております。
ご家庭でご不要になったリコーダー(サイズ問わず)および木材用彫刻刀がございましたら,是非ボランティアセンター(大学会館2階)前の寄附BOXへご投函をお願いいたします。
ご寄贈いただいた物品はみらいねっと弘前にて消毒・洗浄を行い,大切にご使用いたします。

期  間:始 令和3年 3月 2日(火)10:00~15:00
     終 令和3年 3月19日(金)10:00~15:00

募集対象:本学教職員及び学生,市民一般

回収物品:リコーダー(サイズ問わず),木材用彫刻刀など。
     その他絵具セットや書道セットなど,音楽・美術・図工などの
     教材ならなんでも回収します!

回収場所:弘前大学地域創生本部ボランティアセンター前(大学会館2階) 
                           寄付BOX
主  催:NPO法人みらいねっと弘前

協  力:弘前大学地域創生本部ボランティアセンター

☆地域社会では学生の皆さんの力を必要としています☆~みんなの力がひとつになるとき~

 

弘前大学地域創生本部ボランティアセンターでは、突発的な災害復興支援や継続的な被災地支援をはじめとして、
子どもたちと触れ合う宿泊学習、市内子ども食堂などへの学習支援、ネット空間の安全を守るサイバー防犯ボランティアなど多様な活動を主催して行っています。

その他、地域から要請のある多様なボランティア活動を紹介しています。(例:マラソン大会やねぷた祭りなどの実施補助、障がい者対象イベントなどのスタッフ、スキーの指導、子ども食堂学習支援など)

現在は新型コロナウイルスの感染防止対策のため休館中ですが、興味のある方はホームページをご覧いただき、無事に収束を迎えたのち、是非センターへ足をお運びください!

学生の皆さんの力で地域に元気とパワーを!

 

 

 

 

 

 

令和元年度第2回市民ボランティア講座『身近な災害対策を知っておこう』を開催しました!

日時:令和2年1月31日(金)18:00~20:30
場所:弘前大学大学会館3階 大集会室

弘前大学ボランティアセンターでは,令和2年1月31日(金)に弘前大学大学会館3階 大集会室にて,今年度2回目となる市民ボランティア講座「身近な災害対策を知っておこう」を開催しました。

詳細はこちらのページからご覧ください。

 
 

【災害ボランティア活動】台風19号による被害に対する第2回支援活動(岩手県九戸郡野田村)を実施しました

日  時:令和元年11月2日(土)9:30~15:30
場  所:岩手県九戸郡野田村内

令和元年10月12日から10月13日にかけて日本列島を縦断した台風19号によって,広範囲にわたり甚大な被害があったことを受け,弘前大学ボランティアセンターでは,弘前市の協力を得て,「チームオール弘前」として令和元年11月2日(土)に被災地の一つである岩手県九戸郡野田村にて,第2回目となる災害ボランティア活動を行いました。

詳しくは活動報告のページからご覧ください。