ボランティア活動のお知らせ」カテゴリーアーカイブ

令和2年度野田村交流活動(追悼行事)パブリックビューイングを開催しました

弘前大学地域創生本部ボランティアセンターでは、令和3年3月11日(木)に令和2年度野田村交流活動(追悼行事)のパブリックビューイングを開催いたしました。

今年度の野田村交流活動(追悼行事)は新型コロナウイルス感染症拡大の影響を受け、現地へは教員と学生のみが参加し、追悼行事と野田村の復興状況のリポートが行われました。パブリックビューイングは弘前文化センターにて開催され、約20名の方が参加しました。また、県外では大阪大学でもパブリックビューイングが行われ15名が参加したほか、大阪大学の学生の皆さんのZoomからの参加がありました。

本事業の前半は、震災の記憶、経験や教訓を忘れず後世に伝承するために設置された野田村保健センターの復興展示室から中継を行い、震災直後の状況や現在の状況について野田村民の復興ガイドの吉田さんから解説が行われ、当時の状況について参加学生と質疑応答などがされました。また、追悼式会場であるほたてんぼうだいへの移動中には、現在の野田村の町の様子をバス内から中継しました。

事業の後半はほたてんぼうだいに設置された大津波記念碑の前で東日本大震災追悼行事が行われ、地震発生時刻の14時26分にサイレンが鳴り、黙とうが行われました。

 参加者からは、「コロナで野田村へ行くことはできなかったが、リモートで野田村の様子が見られてよかった」「早く野田村に行きたい」などの感想が寄せられました。

 本センターでは、震災の記憶を風化させず、野田村との交流を活発にするために、今後も野田村交流活動を継続して実施する予定です。

令和2年度弘前大学地域創生本部ボランティアセンター活動報告会×人文社会科学部地域未来創生センターフォーラムを開催しました

弘前大学地域創生本部ボランティアセンターと人文社会科学部地域未来創生センター主催で,令和3年3月10日(水)にZoomによるオンライン配信とヒロロ4階 弘前市民文化交流館ホールにてハイブリッド形式で標記事業を開催しました。

本事業は,東日本大震災から10年を迎える今,震災の発生から今日までの10年間を振り返り,震災の教訓を共有することで,復興支援について理解を深めるとともに,地域創生本部ボランティアセンターが令和2年度に実施した活動を皆さまと振り返り,新しい年度に向けて事業の見直しを行うべく実施するもので,当日は会場参加者70名,Zoomでの参加者47名の合計117名の参加がありました。

 弘前大学では,震災発生直後から「チームオール弘前」として,弘前・八戸・関西圏の有志で結成された『チーム北リアス』に参画しており,今日まで地域未来創生センター,ボランティセンターを中心に震災復興から交流活動,住民調査などを行ってきました。

本フォーラム第1部では,『チーム北リアス』の中核となるメンバー7名にご登壇いただき,それぞれの立場や専門分野から見た震災復興から学んだことについて講演いただき,続いて小田 祐士 野田村長を交えてパネルディスカッションを行い,これまでの,そしてこれからの復興支援について議論を行いました。

 第2部では,本学が東日本大震災から得た学びを活かして活動している地域創生本部ボランティアセンターの令和元年度・令和2年度の活動について,本センター学生事務局の2名が登壇し報告しました。学生の2人からは活動報告と併せて,ボランティアを通じたコミュニケーションやつながり,行動する大切さを学んだことや,課題・反省点などについても報告がありました。

 フォーラムの中では「建物が立ったこと,道路ができたことが復興のゴールではない」という言葉が多く聞かれ,被災地では新たなコミュニティ形成,人口減少,記憶の復興や魅力づくりなど様々な課題が残されており,支援・交流をこれからも継続することが重要であることについて繰り返し議論されました。

 弘前大学では,今後も継続して「チームオール弘前」そして『チーム北リアス』の一員として,継様々な形で野田村への支援交流活動を継続する予定です。

3月10日のZoomおんら㏌について

3月10日(水)のZoomおんら㏌は、お休みとなります。
今年度は、3月は17日(水)が最後の活動となりますので
どうぞよろしくお願いいたします。
みなさまのご参加お待ちしております。

オンライン学習支援ボランティア大募集中!

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 【募集チラシ】オンライン学習支援-709x1024.png

弘前大学地域創生本部ボランティアセンターでは,新型コロナウイルス感染拡大により,学習機会の確保や学習環境の整備に影響が及んでいる県内の子ども達を対象として,Zoomを用いたオンライン学習支援を行っています。

弘前市内,青森市,黒石市,むつ市のご家庭や子ども食堂などと学生ボランティアの皆さんをオンラインでつないで共に勉強を行い,わからないところをすぐに大学生のお兄さんお姉さんに聞くことができる環境を作っています。

【主な活動日時】

▽毎週水曜日 16:30~19:00(各家庭,子ども食堂など)
▽第1・第3土曜日 13:15~14:15(むつ市子ども食堂)
▽第2・第4土曜日 10:00~12:00(黒石市子ども食堂)

◇子ども達の学びを救いたい

全国で猛威を振るっている新型コロナウイルスの感染拡大を受け,青森県内でも休校や課外活動の停止などの措置が行われました。

しかし,子どもたちの学びは学校の中だけではありません。県内の子ども食堂や学習支援事業,公民館や児童館が機能を縮小せざるを得ない状況のため,自主学習や家庭学習,宿題などに取組む「学習環境」が不安定となっており,子どもたちの「学習習慣」が確立しずらい状況にあります。

本センターでは,感染拡大防止の観点から直接支援することができない子ども達の学びをサポートするために,オンライン学習支援事業を開始しました。

◇オンライン学習支援ってなに??

各家庭や子ども食堂などと大学生ボランティアの皆さんをZoomを用いてオンラインでつなぎ,一緒に自主勉強を行います。公民館や図書館などの一室で,児童と大学生が一緒に勉強をしているイメージです。
子どもたちが自分で持ってきた家庭学習や学校の宿題,塾の課題などを大学生と一緒に勉強することで,わからないところをすぐに聞くことができる環境を作っています。

塾や家庭教師とは違い,積極的に教育するのではなく,「子どもたちの学びをサポートする」ことがメインです。

また,課題や宿題が終わった児童には,大学生から穴埋めクイズや歴史なぞなぞなど,学年に合わせたクイズや問題などを出題し,互いに楽しみながら学習をサポートします。

◇どうやって参加するの??

皆さんの都合が良い日時・時間を選んで参加することができます。単日参加や途中参加・途中退室も可能です。
Zoomを使いますので,パソコンが必要ですが,通信環境が無い,または不安定な方は,センターからポケットWi-Fiをレンタルいただけます。

参加される場合はこちらのページからボランティア登録および活動にエントリーしてください。その後,オリエンテーションを受けていただくことで活動に参加できるようになります。

◇未経験者でも大丈夫

活動前のオリエンテーションで職員から丁寧に活動内容について説明いたします。ご不安な点はご安心いただけるまで質問していただいて構いません。

また,ぶっつけ本番ではなく,活動を見学することもできます。他のボランティア学生の方が子ども達へ対応しているところを見ることで,雰囲気をつかむこともできます。

▼大学生ボランティア大募集中

現在,子ども達の需要に対して大学生ボランティアの数が足りない状況です。子どもたちの学習習慣を確立するためには,毎週定期的な学習会の開催が必要となるため,多くの学生ボランティアの皆さんの協力が必要です。

本事業に興味のある方は是非,ボランティアセンターへご連絡ください。
ポケットWi-Fiレンタル,ホワイトボード等必要物品の支給を行っており,参加前にはオリエンテーションや事業見学もありますので,,初めての方でも安心して御参加いただける環境を整えております。

活動日等は下記をご参照ください。
皆様の参加をお待ちしております!!

【募集終了】令和2年度除雪ボランティア募集

弘前大学地域創生本部ボランティアセンターでは,弘前市道路維持課と共同し弘前市内の通学路の除雪ボランティアを募集しています!弘前市内の通学路・買い物路の除雪を通じてより良い市民生活へ寄与します。厳しい寒さが続きますが,体を動かして地域へ貢献しませんか?
皆様のご参加をお待ちしております!
降雪状況,雪寄せの状況によっては中止になることがあります。

日  時:
令和3年2月20日(土)12:20~13:00
※12:00弘大正門前集合
締切 2月18(木)まで

除雪場所:
富田大通り(旧ユーマートから土手町方面)

募集対象:
本学教職員及び学生

参加申込:
①弘前大学ボランティアセンターへボランティア登録する(未登録の場合)
登録方法はこちらから

★★参加申込の流れ★★
メールにてお申し込みください。 宛先:huvc@hirosaki-u.ac.jp
②下記の必要事項を明記し活動にエントリーする
宛先:huvc@hirosaki-u.ac.jp
件名:除雪ボランティアエントリー
本文:↓
1.名前・よみがな
2.学部・学籍番号
4.連絡先
5.緊急時連絡先(実家の電話・親の携帯等)

③必要があればボランティアセンターに長靴や軍手をとりにくる
④当日集合場所へ集まる(時間厳守)

連 絡 先:huvc@hirosaki-u.ac.jp,0172-39-3268