【募集終了】【緊急募集】台風19号被災地での災害ボランティア募集【岩手県野田村】

弘前大学ボランティアセンターでは,標記災害に対する募金活動を10月16日から開始したところでしたが,10月20日(日)に岩手県九戸郡野田村において,緊急災害対応として,災害ボランティア活動を弘前市と連携して実施することとなりました。

当該活動は募集を締め切らせていただきました。
合計35名のエントリーがあり,本学学生・教職員及び市民ボランティアが協働し,災害ボランティア活動を実施します。

【岩手県野田村の被害状況写真】
提供:野田村未来づくり推進課のだむら復興応援隊


冠水した十府ヶ浦公園の様子


 

○日時
10月20日(日)9:00~15:30
▽出発  6:30(6:20集合)@弘前大学正門前
▽帰着 18:30@弘前大学正門前
※帰着時刻は交通状況により遅延する可能性がありますのでご了承ください。
※現地までの移動に片道3時間~3時間半ほどかかります。
※弘大の駐車場は6時00分から順次開放され,どなたでも利用できます。

○活動内容
野田村の災害支援活動
※ガレキ撤去、泥あげなどの支援活動が見込まれます。

○持ち物
・バス内での飲み物、車酔いする方は酔い止めなど(必要な方)
・昼食(現地では調達できない可能性が高いです。必ずご持参願います)

○服装
・活動後,泥を車内に持ち込まない為に,バスに乗車する前に着替えていただきます。

※必ず着替えを持参してください。
・動きやすく、汚れてもいい服装でお願いします。
・長靴はボラセンから貸し出しがあります。ご相談ください。
・ゴム手袋、軍手など。
・帽子、汗ふきタオルなどがあったほうがいいと思います。
・寒暖に合わせて調整できる服装をお願いします。

 

令和元年台風19号災害支援金募金活動を実施しました

日  時:令和元年10月16日(水)12:00~12:30
場  所:弘前大学文京キャンパス大学会館前

本センターでは,これまでに東日本大震災をはじめ,平成28年熊本地震,平成30年北海道胆振東部地震,平成30年西日本豪雨,令和元年台風15号などによる被害への災害支援金募金活動を実施してきました。本災害に対しても,災害緊急対応として,弘前大学文京キャンパス大学会館前にて募金活動を実施しました。

※詳細は活動報告ページからご覧ください。

11月23日(土)「弘前市場まつり」イベント補助ボランティア募集のご案内

弘前市場まつり実行委員会からのボランティア募集をご案内します。

弘前市場まつりは市場のしくみや役割を消費者の皆様に理解していただくとともに、市場にふれあうために、毎年秋に開催しています。今年で第25回目の開催となり、津軽地方の秋の名物行事として親しまれています。普段見ることのない市場での活動です。

===募集情報の詳細===
【ボランティア内容】
県産品や旬の水産物食材PRコーナの補助
昼食の支給があります。
◆日  時:令和元年11月23日(土) 6:30~10:30
◆集合場所:弘前水産市場卸売市場・水産建物1F「かに鍋イベント」付近
(弘前市大字末広1丁目5番地1/☎0172-27-2345 ㈱弘前丸魚)
◆服装など:しっかり防寒して動きやすい服装をお願いします。
半天を着用していただきます。
◆募集定員:4名
◆その他:終了後10:30を目処に昼食として海鮮丼を支給します。
◆締  切:10月31日(木)正午まで

詳しくはこちらをご覧下さい。http://huvc.net/wp/wp-content/uploads/2019/10/募集案内 弘前市場まつり.pdf

【学祭事業】弘前大学総合文化祭2019事業『ボランティアカフェ』開催のお知らせ【弘大総文祭】

弘前大学ボランティアセンターでは,総合文化祭2019事業として,ボランティアカフェを開催します!

日 時:弘前大学総合文化祭2019開催期間中
10月25日(金)13;00~16:00
10月26日(土)10:00~16:00
10月27日(日)10:00~16:00

場 所:
弘前大学文京キャンパス大学会館2階 ボランティアセンター

岩手県野田村の特産品の販売や,センター学生事務局活動紹介,カフェスペースなどを企画しており,ドリンクを飲みながら室内で休憩していただくこともできます☆

学生はもちろん,一般市民の方も是非ご来店ください!
学生事務局のスタッフが“おもてなし”いたします☆

令和元年度第1回市民ボランティア講座を開催します!

日  時:令和元年12月6日(金)18:00~20:30
場  所:弘前大学創立50周年記念会館2階 岩木ホール
申込など:申込不要,受講料無料

現在,子どもの貧困や地域のつながりが希薄となることによる孤食問題への対策の一つとして,子ども食堂が全国的に活躍を見せています。子ども食堂には様々な形態があり,その地域に根差した形で実施されることが多く,公的支援とは別の,地域一体型の取組として注目を集めている所です。

本講座は、子ども専用の食堂ではなく,人が繋がる地域の居場所づくりとしての子ども食堂についての理解を広めるために実施いたします。申込不要,参加費無料となっておりますので,是非皆様に足をお運びいただければと思います。

◆プログラム
1.基調講演(18:00~19:00)
「子育て支援で地域と未来が変わる!~人生100年モデルをつくろう~」
子どもの居場所ネットワークいわて 共同代表
特定非営利活動法人インクルいわて 理事長 山屋  理恵

2.パネルディスカッション(19:15~20:30)
「子ども食堂に係る本県の現状と課題について考える」
〔コーディネーター〕
弘前大学人文社会科学部 教授
弘前大学ボランティアセンター 副センター長 李 永俊

〔パネリスト〕
同上 山屋 理恵
八戸学院大学健康医療学部人間健康学科 准教授 佐藤 千恵子
青森県社会福祉協議会地域貢献活動推進室長   葛西  裕美