平成30年度除雪ボランティア(雪片づけ隊)を募集します!

チラシダウンロードはこちら

ボランティアセンターでは,弘前市道路維持課と共同し弘前市内の通学路の除雪ボランティアを募集しています!弘前市内の通学路の除雪を通じてより良い市民生活へ寄与します。

厳しい寒さが続きますが,体を動かして地域へ貢献しませんか?
皆様のご参加をお待ちしております!

※降雪状況,雪寄せの状況によっては中止になることがあります。

日時:
①平成31年1月26日(土)13:00~13:40
(12:40 弘大正門前集合)

②平成31年2月16日(土) 8:00~ 9:20
(7:40 弘大正門前集合)

除雪場所:
①弘前大学前(文京町)
②青森銀行冨田支店前(弘高下駅周辺~焼肉モーモー周辺まで)

参加対象:本学教職員及び学生

参加申込:
①弘前大学ボランティアセンターへボランティア登録を行う
②下記連絡先に必要事項を送信する。
③必要があればボランティアセンターに長靴や軍手をとりにくる
④当日集合場所へ集まる(時間厳守)

連 絡 先:huvc@hirosaki-u.ac.jp,0172-39-3268

平成30年度第3回市民ボランティア講座『「広がれこども食堂の輪」全国ツアーin青森』を開催します

チラシダウンロードは>こちら

弘前大学ボランティアセンターでは,平成31年2月2日(土)に青森県社会福祉協議会,「広がれ子ども食堂の輪」全国ツアー実行委員会と共催で,今年度第3回目となる市民ボランティア講座を開催いたします。

本センターでは,学習支援やセミナーを通じて,子供の貧困問題へ取り組んでまいりましたが,本講座はその一環として子ども食堂への理解を深め,子供たちへの支援の輪を広げるために実施いたします。内容としては,豊島子どもWAKUWAKUネットワーク理事長であり,「広がれ子ども食堂の輪」全国ツアー実行委員会代表である栗林 千絵子氏による基調講演をはじめ,子ども食堂の多様な形態を実際に知ってもらうための子ども食堂体験,子ども食堂についての相談会を実施いたします。申し込みは不要,参加費も無料となっておりますので,是非皆様に足をお運びいただければと思います。

【概要】
現在,子どもの貧困問題や地域のつながりが希薄となることによる孤食問題への対策の一つとして,子ども食堂が全国的に活躍を見せています。子ども食堂には様々な形態があり,その地域に根差した形で実施されることが多く,公的支援とは別の,地域一体型の取組として注目を集めています。本講座は、「広がれ子ども食堂の輪」全国ツアー実行委員会と連携して,子ども食堂への理解を深め、少子化が進展しているこの地域において子どもたちへの支援の輪を広めるために実施いたします。

※各部の詳細については記事最下部をご覧ください。

日   時:
平成31年2月2日(土)11:00~17:00
場   所:
弘前大学大学会館2階201集会室・和室,
弘前大学総合教育棟201,205,206講義室

続きを読む

【いわき・ふれあいボランティア会 除雪ボランティア「のれそれ.雪とろけ隊」参加者募集のご案内】

いわき・ふれあいボランティア会除雪ボランティア「のれそれ.雪とろけ隊」参加者募集をご案内します。
対象は岩木山2合目辺りに位置する家が多いです。高齢者や障害者など,自身での除雪が難しい方,足元に不安のある方が安心して生活できるよう,積雪によって家の出入りが困難な世帯などの雪かきを行います。
危険な作業はありません。積雪や天候にあわせて実施日を設定するため,事前にお申し込みをお願いします。
初回は1月20日を予定していますが,それ以降の実施日については決まり次第,その都度ご都合を伺います。
是非ご参加ください。
詳しくはこちらをご覧下さい。募集案内 いわき・ふれあいボランティア会 ボランティア募集(HP)

野田村クリスマス会を実施

弘前大学ボランティアセンターでは,平成30年12月22日(土)に岩手県九戸郡野田村の野田村総合センターにて,野田村支援交流活動の一環として,野田村クリスマス会を実施しました。

詳細につきましては,こちらからご覧ください。

平成30年度第2回市民ボランティア講座『災害ボランティア活動~わたしたちにできること~』を開催します

チラシダウンロードはこちら

弘前大学ボランティアセンターでは,平成31年1月25日(金)18:00から,弘前大学文京キャンパス大学会館2階大集会室にて,今年度第2回目となる市民ボランティア講座を開催します。

本講座では,平成30年9月6日に発生した北海道胆振東部地震の際に,被害の甚大であった厚真町にて災害ボランティアセンター設立から係っている,小樽市役所職員の南部真人 氏を講師にお招きし,突発的災害発生時の混乱や課題,解決策などの現地での経験をお話しいただくとともに,現在までの個人のボランティア活動が有事にどのように生かされたかについてお話しいただきます。

また,昨年度も実施した避難所設営訓練・体験として,『救命講習』『避難所設営ゲーム』『段ボールベッド・仮設トイレなど組立体験』の3つの体験ブースによる被災時のボランティア活動に関する講座も同会場にて開催します。

小樽市役所職員として働きながら,災害発生時に即座にボランティア活動への参加へ踏み切った南部 氏からの講義は,社会人の皆様をはじめ,学生や自治体職員の皆様にとってもご参考になることと思いますので,是非ご参加ください!受講料は無料で,申込は不要です。お待ちしております!

日  時:平成31年 1月25日(金)18:00~20:30
(17時30分開場)

会  場:
弘前大学文京キャンパス大学会館3階大集会室
(青森県弘前市文京町1)

【第1部】基調講演:
『平成30年北海道胆振東部地震のボランティア活動について~これまでのボランティア活動を活かして~』
弘前大学ボランティアセンター学生事務局OB
北海道小樽市役所福祉部 生活支援第2課 生活支援第5係
南部 真人 氏

第2部 避難所設営訓練・組立体験
▼ブース1:『救急救命講習会』
学校法人弘前城東学園弘前医療福祉大学短期大学部
救急救命研究会

▼ブース2:『避難所設営ゲーム』
NPO法人青森県防災士会副代表理事・弘前支部長
工藤 廣道 氏

▼ブース3:『段ボールベッド・仮設トイレなど 組立体験』
同上 南部 真人 氏
弘前大学ボランティアセンター学生事務局

参加対象:市民,学生,行政関係者,教職員

参加方法:申込不要

参 加 料:無料

主  催:弘前大学ボランティアセンター

後  援:
学校法人弘前城東学園弘前医療福祉大学
NPO法人青森県防災士会