HUVCについて

HUVCとは

設立の経緯

東日本大震災によって甚大な被害な被害を受けた地域へのボランティア活動を展開するために設立された人文学部ボランティアセンターを発展的に改組し,平成24年10月にボランティア活動の推進及び支援を図るため,全学組織として設置されました。平成30年度現在の活動としては,被災地への継続した支援交流活動や学習支援,緊急災害対応などを行うとともに,地域からのボランティア派遣要請への対応等を行っております。

設立目的

自治体や各種NPOなど地域社会と弘前大学との間に立ち,ボランティア派遣を円滑に行うための仲介機能を果たすとともに,ボランティアを通じて地域の課題解決に資する取り組みを行い,地域社会に貢献する事を目的に設立されました。

活動内容

◆災害支援交流活動
・弘前市と連携し,東日本大震災後,岩手県野田村における被災住民
との茶話会,文化交流,子供の学習支援活動を7年間継続的に実施。
・九州豪雨救援支援金募金活動の実施
・台湾東部地震募金活動の実施
・平成30年7月豪雨による被害への支援金募金活動の実施
・平成30年北海道胆振東部地震による被害の現地調査,支援活動
(災害ボランティア実施)及び支援金募金活動の実施

◆学習支援事業

・弘前市社会福祉協議会との共催により,経済的不安を抱える世帯
の中学生等に対して,毎週1回,大学生による学習支援を実施。
・青森県と連携し,県立の児童自立支援施設に入所している小中学
生に対して,大学生による学習支援を実施。

◆除雪ボランティア活動
・弘前市と連携し,通学路の除雪,町内会の除雪支援を実施。

◆青森県警サイバー防犯ボランティア
・青森県警察から本学学生が委嘱を受け,サイバー空間のパトロー
ルや,県内小中高校へサイバー防犯に係る講演などの活動を実施。

◆市民ボランティア講座
・弘前市民のボランティアへの積極的な参画や理解を促すことを目的
として,様々なテーマでのボランティアに係る講演会を実施。
平成30年度実施報告はこちら

◆地域からのボランティア派遣・周知依頼への対応
・地域の様々な団体からのボランティア派遣・周知依頼に対し,学生
ボランティアの募集やボランティア登録学生への周知広報を行って
いる。※ボランティア支援が必要な団体はこちら
平成29年度は21団体が登録,21の活動を支援した。

(平成29年度地域ボランティア活動例)
▽鯵ケ沢白八幡宮大祭補助ボランティア
▽青森県警サイバー防犯ボランティア
▽よさこい津軽運営補助ボランティア etc…


ボランティア募集・活動参画

【ボランティアを募集する団体の皆様へ】

ボランティアセンターでは地域における活動における学生・教職員
ボランティアの募集協力やボランティア派遣を行っております。

依頼方法など詳しくはこちらをご参照ください。

※センターへのお問い合わせはメールまたは電話をご利用ください(センター会館時間:月~金の10時~15時(昼休み:12時半~13時15分))
MAIL:huvc@hirosaki-u.ac.jp
TEL :0172-39-3268

【学生・教職員の皆様へ】

ボランティアセンターでは学生・教職員の方々のボランティア
活動を支援しています。ボランティアセンターへ登録すること
でボランティア活動情報を受信することができ,またセンター
主催活動への参画が可能となります。

登録方法など詳しくはこちらをご参照ください。

※センターへのお問い合わせはメールまたは電話をご利用ください(センター会館時間:月~金の10時~15時(昼休み:12時半~13時15分))
MAIL:huvc@hirosaki-u.ac.jp
TEL :0172-39-3268