青森県警察本部」タグアーカイブ

弘前大学ボランティアセンターニュースレターVol.9発刊のおしらせ

弘前大学ボランティアセンターニュースレターVol.9を発刊いたしました。当該ニュースレターは平成28年度から活動報告のために年2~4回発刊しています。

今年度2回目の発刊となるVol.9には,
台風19号災害支援活動(岩手県野田村),台風19号災害支援金募金活動,第1回市民ボランティア講座,野田村クリスマス会,第2回市民ボランティア講座,青森県警察サイバー防犯ボランティア委嘱学生への感謝状贈呈式の様子が掲載されております。

ダウンロードはこちらのページまたは下記イメージファイルをクリックしてください。

弘前大学×青森県警察本部が独立行政法人情報処理推進機構(IPA)との共催で“ともに学ぶ。考える。「インターネット安全教室」”を開催しました!

日 時:令和2年2月17日(月)14:00~16:00
場 所:弘前大学創立50周年記念会館2階 岩木ホール

弘前大学は,令和2年2月17日(月)に弘前大学創立50周年記念会館2階岩木ホールにて,地域のネット教育・サイバー防犯教育に関わる指導者や監督者,保護者の方々などを対象に,青森県警察本部・独立行政法人情報処理推進機構(IPA)との共催で標記事業を開催しました。

詳しくはこちらのページをご覧ください。

 

青森県サイバー防犯ボランティアの委嘱を受けた本学学生が青森県警察本部から表彰

日時:令和2年2月4日(火)
場所:弘前大学学生会館3階

令和2年2月4日(火)に,本学の青森県警察サイバー防犯ボランティア委嘱学生のうち,今年度卒業または修了する学部4年生及び大学院修士課程2年生の計5名が,青森県警察本部生活安全部から感謝状の授与を受けました。

詳細についてはこちらのページをご覧ください。
サイバー防犯ボランティアについてはこちらのページをご覧ください。

“ともに学び,考える「インターネット安全教室」”開催のお知らせ

弘前大学では,令和2年2月17日(月)に弘前大学創立50周年記念会館2階 岩木ホールAにて,標記講座を開催します。

インターネットサービスの利用が日常化した昨今,ネットに関わるトラブルや犯罪対策の必要性が高まっています。地域全体のネットリテラシーの向上を推進し,情報モラル,情報セキュリティについて「ともに学び,考える」ことを目的としたインターネット安全教室を,本学ボランティアセンターと青森県警察本部生活安全部が連携して行っているサイバー防犯ボランティア活動の一環として開催します。

本講座は,地域のサイバー防犯教育に携わる指導者や監督者,保護者の方々,本学学生・教職員,教育関係者,警察関係者,行政関係者,サイバー防犯活動に興味のある一般の方を対象としており,弘前大学・青森県警察本部・独立行政法人情報処理推進機構の共催で,経済産業省補助金事業として開催されます。

当該事業は青森県警察サイバー防犯ボランティア委嘱学生の研修も兼ねております。

皆さまのご参加をお待ちしております。

▽日  時  令和2年2月17日(月)14:00~16:00
▽場  所  弘前大学創立50周年記念会館2階 岩木ホールA
▽申  込  等  申込不要,受講料無料
▽講  師
インターネット安全教室事務局
株式会社教育ネットネットリテラシーアドバイザー 宮川 麻子 氏

▼プログラム:
◆はじめに~本事業のねらい~

◆情報提供
1.ネット社会における子どもたちの現状
2.ネットリテラシー啓発の重要性
3.情報モラル,情報セキュリティとは
4.各教材の紹介

◆模擬授業及び映像教材の視聴
1.SNSとの付き合い方 2.フィルタリング・ペアレンタルコントロール

◆グループワーク
ワークショップ及びブレインストーミング(※テーマは当日発表します)

◆総  括
1.問題発生の対応策 2.教材のダウンロード方法や使用方法について

◆質疑応答・アンケート記入

※プログラムの内容は変更する可能性がございますのでご了承ください。

▽お問合せ 弘前大学ボランティアセンター
TEL 0172-39-3268 Mail huvc@hirosaki-u.ac.jp

青森県警察サイバー防犯ボランティア委嘱状交付式を開催しました!

青森県警察本部と弘前大学ボランティアセンターは,令和元年6月12日(水),弘前大学創立50周年記念会館2階 岩木ホールにて,令和元年度の『弘前大学学生に対する青森県警察サイバー防犯ボランティア委嘱状交付式』を開催しました。

詳細はこちらから活動報告ページをご覧ください。


決意表明する岩島裟耶乃さん    挨拶する酒井 県警本部生活安全部長

挨拶する石川ボランティアセンター長      全体集合写真