講座のお知らせ」カテゴリーアーカイブ

☆地域社会では学生の皆さんの力を必要としています☆~みんなの力がひとつになるとき~

 

弘前大学地域創生本部ボランティアセンターでは、突発的な災害復興支援や継続的な被災地支援をはじめとして、
子どもたちと触れ合う宿泊学習、市内子ども食堂などへの学習支援、ネット空間の安全を守るサイバー防犯ボランティアなど多様な活動を主催して行っています。

その他、地域から要請のある多様なボランティア活動を紹介しています。(例:マラソン大会やねぷた祭りなどの実施補助、障がい者対象イベントなどのスタッフ、スキーの指導、子ども食堂学習支援など)

現在は新型コロナウイルスの感染防止対策のため休館中ですが、興味のある方はホームページをご覧いただき、無事に収束を迎えたのち、是非センターへ足をお運びください!

学生の皆さんの力で地域に元気とパワーを!

 

 

 

 

 

 

 

 

新型コロナウィルス感染症(COVID-19)への対応について

弘前大学地域創生本部ボランティアセンターでは、新型コロナウィルス感染症(COVID-19)の感染拡大防止のため、当面の間、センターを休館いたします。

一般市民の皆さま,学生の皆さまはご利用いただけませんのでご了承ください。

活動再開については,都度ホームページにて告知いたします。
利用者の皆さまにはご不便をおかけいたしますが,何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いいたします。

“ともに学び,考える「インターネット安全教室」”開催のお知らせ

弘前大学では,令和2年2月17日(月)に弘前大学創立50周年記念会館2階 岩木ホールAにて,標記講座を開催します。

インターネットサービスの利用が日常化した昨今,ネットに関わるトラブルや犯罪対策の必要性が高まっています。地域全体のネットリテラシーの向上を推進し,情報モラル,情報セキュリティについて「ともに学び,考える」ことを目的としたインターネット安全教室を,本学ボランティアセンターと青森県警察本部生活安全部が連携して行っているサイバー防犯ボランティア活動の一環として開催します。

本講座は,地域のサイバー防犯教育に携わる指導者や監督者,保護者の方々,本学学生・教職員,教育関係者,警察関係者,行政関係者,サイバー防犯活動に興味のある一般の方を対象としており,弘前大学・青森県警察本部・独立行政法人情報処理推進機構の共催で,経済産業省補助金事業として開催されます。

当該事業は青森県警察サイバー防犯ボランティア委嘱学生の研修も兼ねております。

皆さまのご参加をお待ちしております。

▽日  時  令和2年2月17日(月)14:00~16:00
▽場  所  弘前大学創立50周年記念会館2階 岩木ホールA
▽申  込  等  申込不要,受講料無料
▽講  師
インターネット安全教室事務局
株式会社教育ネットネットリテラシーアドバイザー 宮川 麻子 氏

▼プログラム:
◆はじめに~本事業のねらい~

◆情報提供
1.ネット社会における子どもたちの現状
2.ネットリテラシー啓発の重要性
3.情報モラル,情報セキュリティとは
4.各教材の紹介

◆模擬授業及び映像教材の視聴
1.SNSとの付き合い方 2.フィルタリング・ペアレンタルコントロール

◆グループワーク
ワークショップ及びブレインストーミング(※テーマは当日発表します)

◆総  括
1.問題発生の対応策 2.教材のダウンロード方法や使用方法について

◆質疑応答・アンケート記入

※プログラムの内容は変更する可能性がございますのでご了承ください。

▽お問合せ 弘前大学ボランティアセンター
TEL 0172-39-3268 Mail huvc@hirosaki-u.ac.jp

【01月31日(金)】令和元年度第2回市民ボランティア講座「身近な災害対策を知っておこう!」を開催します!

日時:令和2年1月31日(金)18:00~20:30
場所:弘前大学文京キャンパス大学会館3階 大集会室

弘前大学ボランティアセンターでは,令和2年1月31日(金)に弘前大学文京キャンパス大学会館3階 大集会室にて標記講座を開催します。

近年頻発する大災害の中でも,台風による被害が昨年・今年と広範囲に及びました。このような災害は,いつ・どの地域が被災するかわかりません。そこで,弘前市における豪雨災害時のハザードマップや対策について弘前市総務部防災課から学び,有事の際に安全かつ迅速に正しい対応を行えるようにすることを目的に,標記講座を開催します。

また,避難所設営のための資材の組み立てや防災食の試食などの予備体験,災害対応のジレンマをカードゲームで学ぶ「クロスロード」や救急救命講習などのブースを設け,被災時のボランティア活動に学ぶことができる企画もあります。受講料無料・申込不要ですので,皆さまのご参加お待ちしております。

▼プログラム:
(17:30) 開  場

◆基調講演(18:05~18:45)
「弘前市の水害時における洪水ハザードマップと災害対策について」
・弘前市総務部防災課 係長 中村 智行 氏

◆防災訓練体験ブース(18:55~20:25)
1.災害対応カードゲーム『クロスロード』
講師:青森県防災士会副代表理事・弘前支部長 工藤 廣道 氏
2.救急救命講習
講師:弘前市医療福祉大学救急救命研究会
3・防災食試食・避難所設備組立て体験(簡易ベッド・トイレなど)
講師:弘前大学ボランティアセンター学生事務局

(20:30) 総括・閉会

 

▽お問合せ 弘前大学ボランティアセンター
TEL 0172-39-3268
Mail huvc@hirosaki-u.ac.jp

令和元年度第1回市民ボランティア講座を開催します!

日  時:令和元年12月6日(金)18:00~20:30
場  所:弘前大学創立50周年記念会館2階 岩木ホール
申込など:申込不要,受講料無料

現在,子どもの貧困や地域のつながりが希薄となることによる孤食問題への対策の一つとして,子ども食堂が全国的に活躍を見せています。子ども食堂には様々な形態があり,その地域に根差した形で実施されることが多く,公的支援とは別の,地域一体型の取組として注目を集めている所です。

本講座は、子ども専用の食堂ではなく,人が繋がる地域の居場所づくりとしての子ども食堂についての理解を広めるために実施いたします。申込不要,参加費無料となっておりますので,是非皆様に足をお運びいただければと思います。

◆プログラム
1.基調講演(18:00~19:00)
「子育て支援で地域と未来が変わる!~人生100年モデルをつくろう~」
子どもの居場所ネットワークいわて 共同代表
特定非営利活動法人インクルいわて 理事長 山屋  理恵

2.パネルディスカッション(19:15~20:30)
「子ども食堂に係る本県の現状と課題について考える」
〔コーディネーター〕
弘前大学人文社会科学部 教授
弘前大学ボランティアセンター 副センター長 李 永俊

〔パネリスト〕
同上 山屋 理恵
八戸学院大学健康医療学部人間健康学科 准教授 佐藤 千恵子
青森県社会福祉協議会地域貢献活動推進室長   葛西  裕美